会津 ≒(ニアイコール) HAWAII



私の先生

マドレーヌ・ヴィオネとの出合いは039.gif 学生時代を過ごした文化服装学院で、西洋服装史という授業の中でした。009.gif
「バイアス・カット」を発明し、写真のように、木の人形に布を当てドレーピングしながら形を作ったという歴史上の人です。
e0146740_0373397.jpg

骨董通りの会社でパタンナーをしていた頃。ラインをうまく出せず、ヒントを探し、読んだ本の中に、ヴィオネのパターンを研究した書物がありました。
e0146740_038059.jpg

内容を読み進めていくと、彼女の技法の凄さや、哲学を知る事ができました。
生地の特性を知り尽くした、アバンギャルドなカッティング、構築的な美しいシルエット。でも、パターンを見てみると、四角だったり円だったり・・・005.gif
現在でも、このプロセスはクリエイター達に影響を与えていると思います。

MADELEINE VIONNET 1876-1975
「クチュリエとは幾何学者であるべきだと思います。なぜかというと人間のからだは幾何学的な形をしているので、それに布地を関連づけなければならないからです。
女性が笑うとき、そのドレスも笑うようにつくらなければ。」


♪φ(._. )お勉強 その3
ニューヨークのメトロポリタン美術館のコスチューム・インスティテュートで、07年12月18日~08年4月13日まで企画展「blog.mode: addressing fashion」が開かれています。

この展覧会は、18世紀から現代までに制作された約65点の衣服やアクセサリーなどを展示。
美術館のサイト内に設けた専用ブログを通じ、鑑賞者たちに意見を交換。ブログを介したWEB上に進出するのは、メトロポリタン美術館にとって初の試み。(MODE PRESSより参照。)  
こちらのブログ・モードで見ることができます。  
生徒達にもとても、勉強になるかな~と思います。

e0146740_0383415.jpg

ウールの大判ストールを、パンツにリメークしました。布が足りなくて、ウエストベルトと、ポケット袋布には、細コールのストレッチコーデュロイを使いました。
待たせてしまって、ごめんなさい。明日、送ります。
atsukoさん、お楽しみに~~~
[PR]
by alohais | 2008-03-15 01:21 | cultureschool
<< ハワイアンキルト プルメリアソ... ククイナッツ(キャンドルツリー) >>

 会津 時々 ハワイ       ところにより 先生 
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
タグ
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧